プレスリリース


2011年10月18日
報道関係者各位

iPhone・iPadアプリ『31万人英文構造(エブリデイ出版2012センター試験対策シリーズ)』(電子書籍)の販売開始

Webサービス開発のエス株式会社(広島県広島市/代表取締役社長:児玉昇司)は、2011年10月17日、当社が運営するエブリデイ出版から、センター試験英語の第6問長文読解に対応したiPhone・iPadアプリ『31万人英文構造(エブリデイ出版2012センター試験対策シリーズ)』(電子書籍)をiTunes App Storeにて販売いたします。


【31万人英文構造について】
センター試験英語の第6問長文読解は、今まで物語文や随筆が中心でしたが、ここ2年は論説文が出題されています。感情表現や会話文がない論説文では読解のヒントが得られにくいため、より論理的な読解が求められます。そこで、2010年、2011年の過去問題に含まれている文を分析し、学習すべき70の文を厳選しました。
このアプリでは、「動詞をおさえる」「節を見分ける」「動詞をつなぐ等位接続詞をおさえる」という、独自の3ステップ読解法を、分かりやすいビジュアルで図解しています。そのため、受験生は効率よく、短い期間で高得点を取る力を身につけることができます。

●商品詳細
タイトル:31万人英文構造(エブリデイ出版2012センター試験対策シリーズ)
価格:発売記念セール価格170円(通常600円)(セール期間:10月21日まで)
対応機種:iPhone、および iPad互換 iOS4.0以降が必要
言語対応:日本語
iTunes App Store紹介URL:http://itunes.apple.com/jp/app/id472256225?mt=8
商品ページURL:http://every-e.com/center/test_2012.php

【エブリデイ出版2012センター試験対策シリーズについて】
2011年度版で受験生31万人に利用していただいたシリーズの2012年度版です。今回販売開始した『31万人英文構造』以外に、英語の英文法問題に対応した『31万人英文法』と国語の評論文に対応した『31万人評論用語』の2種類を販売しております。開発のきっかけについて、当社代表の児玉昇司は、「不況が続く中、『世帯収入の37.6%が教育費』(2010年11月日本政策金融公庫調べ)という事実に、当社として何かできることはないかと考え、教育費の削減を応援しようと開発しました。子供の将来のために教育の質に妥協したくないと願っている方々の思いに応えることができれば」と、話しております。

●商品詳細
タイトル:31万人英文法(エブリデイ出版2012センター試験対策シリーズ)
iTunes App Store紹介URL:http://itunes.apple.com/jp/app/id465906373?mt=8

タイトル:31万人評論用語(エブリデイ出版2012センター試験対策シリーズ)
iTunes App Store紹介URL:http://itunes.apple.com/jp/app/id465908917?mt=8

【エブリデイ出版について】
エブリデイ出版は、英語教材の通販サイトとして、「エブリデイイングリッシュ」シリーズを販売してきました。エブリデイイングリッシュは、法人契約で、サイバーエージェント株式会社の全社員や大和ハウス工業株式会社で導入されている他、Yahoo!ショッピングウィークリー売上ランキング140週連続第1位(2008年11月~2011年10月10日更新中)、楽天ジャンル別ランキング64週連続第1位(2010年7月19日~2011年10月12日更新中)となっており、英会話教材通販部門で売上日本一(2010年12月株式会社バルク調べ)に選ばれるなど、ご好評をいただいております。

●エブリデイ出版ウェブサイトhttp://every-e.com/

【会社概要】
社名:エス株式会社
本社:〒730-0037 広島県広島市中区中町8-18 広島クリスタルプラザ14F
設立:2006年8月31日
資本金:9.5百万円
代表者:代表取締役社長 児玉昇司
事業内容:Webサービス開発、ECサイト開発・運用、SEO、SEM、LPOなど各種プロモーションなど
http://www.es-c.co.jp/

【お問い合わせ先】
エス株式会社 企画開発部 尾崎広貴(おざきひろたか)
〒730-0037 広島県広島市中区中町8-18 広島クリスタルプラザ14F
TEL:082-236-3801
FAX:082-236-3802
E-MAIL:info@es-c.co.jp
facebook追加 twit this! Check myspace this! hatena に追加

ニュースリリース

CSR

I Love Hiroshima